So-net無料ブログ作成

高橋洋一の民主党ウォッチ 量的緩和なぜやらない 日銀の「本業」とは何か(J-CASTニュース)

 一般にノーベル経済学賞といわれるが、正式名はアルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞という。残念ながら日本人の受賞者はまだいない。授賞式などは他のノーベル賞と同じように行われているが、ノーベルが遺贈したものではなく、スウェーデン国立銀行が設立した賞である。

 スウェーデン国立銀行はスウェーデンの中央銀行で、日本の日銀に相当する。世界最初の中央銀行として知られ、1931年にスウェーデンを襲った危機に対して、インフレ目標を導入し、大恐慌からいち早く抜け出たことで有名である。そうした歴史と伝統であろうか、国民は経済学を信頼しており、ノーベル経済学賞の創設にもつながっている。ちなみに、今ユーロ圏はギリシャ問題に苦悩している。ユーロ圏の国は、共通通貨で広い市場を享受できるが、一方で金融政策を失うことにもなる。こうした事情から、スウェーデンは、イギリス、デンマークなどとともにまだユーロ圏に参加していない。

■経済学を学んでいる学生ならおなじみの計算式

 そのスウェーデンもリーマンショックに見舞われた。スウェーデン国立銀行は、消費者物価指数で年率2%プラスマイナス1%のインフレ目標をとっていた。ホームページには、温度計でインフレ率が示されており、1%以下は「寒い」青色ゾーン、3%以上は「暑い」赤色ゾーンになっている。スウェーデンの消費者物価指数は、リーマンショック以降急速に低下し青色ゾーンになり、2009年4月から11月までにマイナスにまでなった。しかし、リーマンショック以降、スウェーデン国立銀行は、ただちに非伝統的金融政策(ゼロ金利と量的緩和)に踏み切った。バランスシートの規模をそれ以前の3倍以上にした。そして、10年2月、1.2%とインフレ目標の範囲に戻り、今でも維持されている。

 当時、スウェーデン国立銀行のステファン・イングブス総裁が行った説明はとても簡単だ。彼は、

  貨幣数量式 M(貨幣ストック)× V(流通速度)=P(価格)× Y(生産量)

を描いた。これは、大学で経済学を学んでいる学生であればおなじみのはずだ。

 そして、非伝統的金融政策の効果は、いろいろな人がいろいろ言うが、この式の通りでいい。危機になると、流通速度は小さくなる。それでも、価格が下がらないように、また生産も下がらないようにするためには、貨幣ストックを増やすしかない。ノーベル経済学賞のスポンサーの中央銀行の総裁が学生のような説明をするのかと、私はとても驚いた。彼の説明はそれと、「海外の中央銀行もやっているからやろう」だけだった。

 かつて、日本でも、このような説明をした経済学者がいたが、多くの学者から、そのような単純な貨幣数量説(英語では貨幣数量「理論」quantity theory of moneyだが、なぜか日本語では「説」と訳す)を信じているのかと冷や水を浴びせられた。

■量的緩和はマクロ経済効果がない。が日本の定説

 そして、今では、量的緩和はマクロ経済効果がないというのが、日本での定説だ。それは、日本銀行の白川総裁が公言しており、日本のほとんどの経済学者はそれを受け入れているかのようだ。そして、ほとんどの金融関係者は、「日銀は一生懸命金融緩和したのにデフレは脱却できなかったのだから、量的緩和は効果がない。他の構造問題に取り組むべきだ」という。

 この意見は本当か。イングブス総裁が言及していた米、英、そして日本を加えてデータを見てみよう。リーマンショックのような世界に同じショックがあると、あたかも社会実験のような環境ができ、各国の政策対応の差が経済パフォーマンスの差になるので、政策効果が計測できる。データを見ると、量的緩和をやらない日本の物価(予想)の戻りは各国より遅い。この事実から、各国の量的緩和の効果が計量的にわかる。技術上の話を省くが、ほぼ同額比較のイメージで、日銀は10兆円拡大で0.15%、米国のFRBは1000億ドル拡大で0.09%、英国のイングランド銀行は1000億ポンド拡大で0.5%、それぞれ物価(予想)を押し上げることができる計算になる。

 さすがノーベル賞のスポンサーになる中央銀行の総裁の言うことは違う。一方、日銀は量的緩和という本業をやらずに、経済成長を促すための新貸出制度と称して政策金融のまねごとをやって、国民の目をそらそうとしているのではないか。それに騙されるマスコミも情けない。


■関連記事
高橋洋一の民主党ウォッチ/日銀に軽んじられた菅財務相 でもインフレ目標悪くない : 2010/02/25
いらだつ政府に押され 日銀が追加金融緩和を検討 : 2010/03/08
高橋洋一の民主党ウォッチ/民主「新成長戦略」のお粗末 産業政策なんかもうやめろ : 2010/01/13
日本の産業政策は一度も効いた試しがない : 2010/05/20
高橋洋一の民主党ウォッチ/あてにならない民主の公約 「総人件費2割減」どこに消えた : 2010/05/13

日米合意先行、理解できぬ=社民党首(時事通信)
【裁判員考】制度施行1年(中)選任手続き〜公判 迅速化、専門用語が壁(産経新聞)
事業仕分け後半戦スタート 塩供給業務は見直し(産経新聞)
両陛下 全国植樹祭に出席、苗木を植樹 神奈川・南足柄(毎日新聞)
民主内に首相責任論も=普天間、県内移設で(時事通信)

<カンヌ映画祭>「アウトレイジ」上映 北野監督姿見せ満席(毎日新聞)

 【カンヌ(南仏)鈴木隆】南仏・カンヌで開かれている「第63回カンヌ国際映画祭」で17日夜(日本時間18日朝)、コンペティション部門に出品された日本映画「アウトレイジ」(北野武監督)が公式上映された。16日に現地入りした北野監督が上映会場に姿を見せた。

 会場は北野監督のファンらで満席になり、会場の外にはチケットを何とか手に入れたい観客があふれる盛況ぶり。上映後は総立ちになった観客から大きな拍手が起きるなど反応は上々だった。受賞結果は23日夜(同24日未明)に発表される。

【関連ニュース】
カンヌ映画祭:開幕 北野作品など19作出品
世界の雑記帳:映画祭開幕のカンヌ、1泊450万円の高級ホテルも
カンヌ国際映画祭:南仏で開幕 北野作品など出品
カンヌ国際映画祭:12日開幕 コンペ部門、北野武作品に受賞の期待も
イベント:カンヌ映画祭楽しむ 姉妹都市・静岡、きょうから /静岡

<口蹄疫>種牛も感染疑い 49頭、初の殺処分(毎日新聞)
<宮中晩さん会>カンボジア国王迎え、皇居で 140人出席(毎日新聞)
首相発言「実現強く望む」 普天間問題で福島氏(産経新聞)
民主宮城県連の前選対委員長、みんなの党が公認(読売新聞)
アヘン原料、「不正ケシ」自生拡大 判別難しく 強い繁殖力 都内に300カ所(産経新聞)

野宿男は重要参考人!保護中に発覚、あわてて逮捕(スポーツ報知)

 奈良県警五条署で8日、公衆電話から「金がない。警察に行きたい」などと相談を受け、河原で野宿中のところを保護し、署内で休ませていた男が窃盗事件の重要参考人と判明した。事情を聞くと「もうバレてると思っていた」と容疑を認めたため、慌てて逮捕した。

 窃盗などの容疑で逮捕されたのは、住所不定、無職の鶴田美晴容疑者(38)。五条署によると、8日午前4時半ごろ、当直の署員が「10日前から家を出ている。捜索願は出てないか? ずっと野宿していたけど、どないしよう」などと電話で相談を受け鶴田容疑者を五条市内の吉野川の河原まで迎えに行き保護した。捜査担当の署員が名前を聞き、初めて気付いた。

 逮捕容疑は、5日夕〜6日朝にかけて五条市のゴルフ場事務所に侵入して鍵を取り、2トントラック1台を盗んだ疑い。

 鶴田容疑者はこのゴルフ場の元職員。五条署では侵入時に場内に隠してあった事務所の鍵が使われたことから、4月末を最後に無断欠勤していた同容疑者を追っていた。

 10日間ほど野宿生活を続けていたとみられるが、雨露や寒さをしのげるはずのトラックをなぜか、河原から離れた同市西吉野町の空き地に放置していた。同署は「刑務所に行けば衣食住がある。金がなくなり、警察に言えば捕まえてもらえると思ったのでは」と自ら逮捕を望んで電話をかけたとものとみている。


 【関連記事】
「金がない」と保護した男は重要参考人
体が臭くて香水盗む
ミツバチの巣箱5箱、約20万匹が盗まれる

もんじゅ 国際標準化へ先手 米仏と協力、追う中印(産経新聞)
アカヤシオ ピンクの大波…三重・御在所岳(毎日新聞)
両陛下が学童クラブをご訪問(産経新聞)
国の出先機関「権限仕分け」へ、7省10系統(読売新聞)
御殿場の女性死体遺棄、2月にDV相談(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。