So-net無料ブログ作成

口蹄疫 菅首相が宮崎入り 畜産農家で消毒作業視察(毎日新聞)

 菅直人首相は12日、宮崎県で口蹄疫(こうていえき)の被害が拡大していることを受け、就任後初めて同県入りし、宮崎市内の畜産農家で消毒作業を視察した。首相はこの後、県庁で東国原英夫知事や関係市町長と意見交換し、政府として対策に万全を期す考えを伝える。

【特集】写真や最新記事でみる口蹄疫 

 首相は就任後初の地方訪問先として宮崎県を選び、政府の対応をアピールする考え。県側は▽防疫対策、感染ルート解明などへの支援強化▽ワクチンを接種した畜産農家への全額国費負担▽地域産業復興への支援−−などを要望する。

 視察したのは、約22万頭の子牛を生んだ種牛「安平」の育て親、永野正純・宮崎郡市和牛育種改良組合長の農場。安平は先月殺処分された。

 口蹄疫の感染は、終息したえびの市を除く4市5町に拡大しており、感染または疑いでワクチン接種を受けた家畜約27万頭が殺処分の対象になっている。

 宮崎市、都城市などでは市内の図書館、博物館、公民館など公共施設を12日から一斉に休館にするなど、感染の拡大は市民生活にも影響を及ぼし始めている。【石田宗久、青木純】

【関連ニュース】
【写真で見る】感染拡大が深刻化する口蹄疫
口蹄疫:コブクロの小渕さん、今井美樹さんらと宮崎応援歌
口蹄疫:宮崎市の豚、日向の牛が陽性…宮崎の運動公園閉鎖
口蹄疫:日本最大級の畜産エリアに飛び火 宮崎県都城市
口蹄疫:自民政調会長、参院選延期を要請

荒井氏は問題ない=事務所費問題で首相(時事通信)
蓮舫行政刷新相 白のスーツ姿で初登庁(毎日新聞)
<在日米軍再編>普天間移設 きょう菅首相と沖縄知事が会談(毎日新聞)
「はやぶさ」地球帰還 “イトカワの砂”に期待(産経新聞)
「素晴らしく、見飽きない星」=毎日リハビリ、体調は万全―野口さん、米で会見(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。